トップページいろいろな話>養士斎


学会の行われた会場


養士斎の入り口。「養士國之元氣」が名前の由来だという。


李秉岐氏が起居した「嘉藍茶室」。これを見るまで「カラム」が「嘉藍」の漢字音だと知らなかった。



別の部屋では外国人が宿泊交渉をしていた。


オンドル用に薪をくべている。


敷地内にあった大量の甕。


部屋の入口に版面が数枚飾ってある。ついこんなところに目が行ってしまう。


夕闇せまる韓屋村。


近くの高台にある旧跡「梧木台」。ライトアップされていた。


伍木台の中にあった書。少し白話的なのが面白い。