トップページ > 『KOTONOHA』単刊(印刷版)目録

当館刊行  『中古音のはなし−概説と論考』


書名中古音のはなし−概説と論考  漢語音韻史の要である「中古音」についての概説と論考。第1部の概説篇は、すでにPDFでも公開している 「音韻学入門−中古音篇−」の新版である。第2部の論考篇では、著者の『切韻』関連の論考5篇を収めた。 所収論文は以下の通り。
1.中古音重紐の音韻論的解釈をめぐって
2.古代反切の口唱法
3.同字省略符号「〃」による切韻残巻の類別
4.孫メン『唐韻』について
5.『倭名類聚抄』所引の「陸詞切韻」
編著者中村雅之(著)
発行所古代文字資料館
発行日2007年10月31日
大きさ・頁数B5版・104頁
入手方法 残部僅少。在庫の有無をメールでご確認下さい。