トップページ > CD版書籍 目録

吉池孝一著 『現代蒙古語方言二種 ―ウールト系とスニト系の蒙古語方言―』


書名現代蒙古語方言二種 ―ウールト系とスニト系の蒙古語方言― 現代蒙古語方言の記述で、以下の二種を含む。
1.「ホロンバイル盟ウールト系蒙古語方言―音韻と基礎語彙―」
2.「スニト系蒙古語方言の音韻」
詳しくは下記の説明を参照。
編著者吉池孝一(著)
発行所古代文字資料館
発行日2018年11月6日
媒体/形式CD-ROM/PDFファイル(71頁)
購入方法 購入の手順は次のとおりです。
@古代文字資料館のメールアドレス(kodaimoji_sk@yahoo.co.jp )に下記をご記入のうえ購入申し込みをしてください。
 1. 書籍名 2. 送付先住所 3. 購入申込者(受取人)氏名
Aお申し込みの後、書籍代金(2,500円)を下記銀行にお振込みください。なお振込手数料はご購入者の負担となります。
銀行振込口座: 三菱UFJ銀行 日進支店 普通貯金 0216524
口座名   : 古代文字資料館
B振込確認の後、CD書籍を郵送します。
本書の内容 本書の内容は次のとおりです。[サンプル]をクリックすると一部内容をご確認いただけます。
1.「ホロンバイル盟ウールト系蒙古語方言―音韻と基礎語彙―」
 序・・・・・・・・・・2
 第1部音韻・・・・・・3 〜 1 9  [サンプル(5-6頁)]
 第2部基礎語彙・・・・2 0〜 5 2  [サンプル(20頁)]
インフォーマントは内蒙古自治区呼倫貝爾(ホロンバイル)盟出身の話者。伊敏(イミン)河中流の伊敏公社で生まれ、その後転居はしたものの成人するまでホロンバイル盟を離れることはなかった。氏は自身の言葉を評して、父親ともイミン河流域の人々とも異なる部分があり一層標準的な蒙古語となっていると述べるが、その発音は服部(1 9 3 6 ) ( 1 9 3 7 a )により報告された「オイロト」方言の音特徴と一致している。

2.「スニト系蒙古語方言の音韻」
 序・・・・・・・・・・2
 はじめに・・・・・・・3
 子音・・・・・・・・・5 〜11   [サンプル(59頁)]
 母音・・・・・・・・・12〜17   [サンプル(66頁)]
インフォーマントは内蒙古自治区・蘇尼特(スニト)右旗出身の話者。蘇尼特方言の調査報告としては、孫竹(1990)および烏力吉布仁(2001)がある。本インフォーマントの発音には両報告書とは異なる部分があるため「スニト系」の蒙古語方言と称して音系の記述を試みた。この方言はハルハ方言に属すようであるが、本インフォーマントの発音がどの程度チャハル方言の影響を受けているか興味深いところである。